もっち〜夫婦の旅行記

アラフォー夫婦の国内、海外旅行記です。日常的な事も♪

高知の涼しい観光スポット「龍河洞」

 

高知県香美市にある「龍河洞」に行ったので紹介します。

夏の暑い時はこういう涼しいスポットが良いですよね〜。 

龍河洞とは

日本三大鍾乳洞龍泉洞秋芳洞・龍河洞)の1つで国指定史蹟天然記念物に指定されています。珍しい弥生時代の壺や住んでいたであろう穴居生活の場所を見る事ができます。

2019年夏にリニューアルオープンしていてライトアップやプロジェクションマッピングなどを使って、より綺麗な鍾乳石を見る事ができます。

鍾乳洞にプロジェクションマッピングを用いたのは国内初だそうです!

アクセス

 車:高知市街から約40分、高知龍馬空港から約15分。

JR:高知駅ごめん・なはり線)〜のいち駅まで約25分、その後タクシー利用。 

営業時間・料金

営業時間

8:30〜17:00(3月〜11月)

8:30〜16:30(12月〜2月)

定休日:無休

料金

f:id:Wisteria08:20190914193714j:plain

クレジットカード使えます。

JAFの会員証提示で大人200円引き!小人100円引き!(会員含む5名まで)

龍河洞

f:id:Wisteria08:20190915000222j:plain

昔はお店が並んでいて賑やかだったであろう商店街を通りまっすぐ進みます。

f:id:Wisteria08:20190915000245j:plain

龍河洞の入口は上の方にあるので長いエスカレーターを使って上がります。

ちなみにエスカレーター横の階段もありますが、選ぶ事なくエスカレーターですよね。

登った先にチケット売り場があるので購入します。

ZONE1:時の入口

f:id:Wisteria08:20190915000241j:plain

鍾乳洞入ったすぐの所。涼しい〜♪

f:id:Wisteria08:20190915000226j:plain

進んでいると、こんな狭い所を通らないといけません!横向きじゃないと無理かなぁ。

他にも中腰で通るような天井が低い場所も何ヶ所かありました。

上からは水滴がポタポタ落ちてきます。(雨だったからか結構落ちてきてました)

f:id:Wisteria08:20190915000233j:plain

左:石花殿(ポツポツした粒が小さな花が咲いたように見える)

右:千じんの間(龍河洞の中で天井が一番高い場所)天井を撮っています。

f:id:Wisteria08:20190915000229j:plain

飛龍の滝:龍河洞の中で2番目に大きな滝です。増水した時は水の勢いが変わります。

ちょうど雨が降っていた日だったので結構な量の滝でした。

f:id:Wisteria08:20190915000238j:plain

記念の滝:龍河洞の中で1番大きな滝。約11mあります。ブルーにライトアップされていてとても綺麗で一番の見どころです!

ZONE2:時の道 

f:id:Wisteria08:20190915010658j:plain

左:天降石と絞り膜。15万年かけて水が作り出した鍾乳石。

右:徳島の和尚さんが三週間立てこもって修養されたと言われている場所。

ZONE3:時の対話

f:id:Wisteria08:20190915002346j:plain

左:サボテンの丘(サボテンみたいに見える?)

右:クラゲ石(見たまんまクラゲっぽい)

f:id:Wisteria08:20190915003618j:plain

左:玉簾の滝(簾のような滝状の鍾乳石)

右:鬼面石(鬼に見えなくは…ないかな)

ZONE4:時の転生

f:id:Wisteria08:20190915010653j:plain

通天門、しんどい坂。龍河洞の一番高い所まで一気に登ります。

所々丸いイルミネーションがあって色が変化します。

f:id:Wisteria08:20190915140453j:plain

階段を登った所に休憩用の椅子が置いてありました。まあまあ疲れるのでここに椅子が置いてあるのはめちゃ嬉しい♪少し休憩ができます。

ZONE5 :時の舞台

f:id:Wisteria08:20190915003621j:plain

左:マリア様とお釈迦様(左のマリア様はなんとなくわかる気がするけど右のお釈迦様は似てるかなぁ。)

右:万像殿(僧正を囲んで数人の僧侶が読経を行なっているように見える)

f:id:Wisteria08:20190915003628j:plain

こちらは高知で有名な坂本龍馬のように見えるという鍾乳石。

f:id:Wisteria08:20190915003613j:plain

2000年前の弥生土器が年月を経て鍾乳洞と一体化したとても珍しいもの。

f:id:Wisteria08:20190915003624j:plain

約1分30秒ほどのプロジェクションマッピングが流れています。終わっても2分後にはまた流れているので待たずに見れます。

ZONE6:時の継承 

f:id:Wisteria08:20190915010646j:plain

左:昭和12年から神の壺みたいになるか実験中の壺です。遠い先の未来の人が完成したものを見るようになるんですね( ´∀`)       

右: 穴居第一室。弥生時代にこの洞窟で生活をした穴居民族の碑。出口近くにあるので雨風をしのぐための場所として利用していたようです。

 これで龍河洞の中は終わりです。

f:id:Wisteria08:20190915010650j:plain

出口の近くには無料の休憩所があります。最近できたようでとても部屋の中は綺麗です。

f:id:Wisteria08:20190915010706j:plain

鍾乳洞の中でだいぶ階段を登ったのでその分下って行きます。まあまあ長い距離です。

龍河洞博物館 

f:id:Wisteria08:20190915010702j:plain

降りていく途中に「龍河洞博物館」があります。無料です。

f:id:Wisteria08:20190915151913j:plain

龍河洞の特色や模型で作られた展示物などを見る事ができます。

f:id:Wisteria08:20190914232256j:plain

2階には昆虫の標本や弥生時代の遺物などの展示物が置いてあります。

龍河洞珍鳥センター

f:id:Wisteria08:20190914232746j:plain

もう1つ途中にあるのが「珍鳥センター」です。こちらも無料。

こんな鳥見た事ない!めっちゃ尾っぽが長いです。

f:id:Wisteria08:20190914232737j:plain

網越しなので見えないくいですが、右の鳥はとても綺麗でした。

f:id:Wisteria08:20190914232758j:plain

小屋の中には鶏が数種類います。高知で有名な土佐ジローや軍鶏など。

f:id:Wisteria08:20190914232751j:plain

f:id:Wisteria08:20190914232754j:plain

「土佐の尾長鶏特別天然記念物

これにはビックリ!(◎_◎;)一瞬、作り物かと思ったら本物でした。

尾を伸ばす為にこの小さい場所で飼育されてるんですね。

10m以上の長さに達するものまでいるそうです。

 

全部見てまわると約1時間ほどかかりましたがあっという間です。

中は涼しく19度でした(夏場)入口近くは寒いけど歩いていると寒さは気になりません。

結構濡れたり狭い場所を通ったりするので服装は多少汚れてもいい服装で。

鍾乳洞にある鍾乳石は1㎝伸びるのに約100年ほどかかるそうなので自分が見た鍾乳石はまた年月を経て成長していくんだなぁと実感しました。